【メルカリ】放置出品の対応【全フリマアプリに告ぐ】

放置出品ってどうなの?っていうお話。

6d63372d11ac89380414e941e1015056_s

これは全フリマアプリに言えること。

ヤフオクっていうのは

即決でもオク出品でも出品期間を設定しなければなりません。

最大1週間しか出品できません。

有料会員だと3回まで自動出品設定ができますので

1週間×4(でいい?)、1ヶ月ぐらいが最長になります。

再度出品する場合は手動で行う必要があります。

一方のフリマアプリですが

1年以上前に出品された商品が平気で放置されています。

まぁ、出品者がまだそのアカウントを生かしているのなら問題ないのですが、

数か月以上アクセスすらしていないユーザーとか

アプリをアンインスト―ルしてしまっているユーザーもいます。

1年以上前に出品された商品を買いたい場合、

まずそのアカウントが生きているかどうかを判別します。

直近に出品されているかとか、最近付けられた評価があるかなど。

それで大丈夫そうだなと判断して次はコメントを残します。

「在庫がありますでしょうか?」

返信がきてOKとなったらそこではじめて購入。

数日待って返信が来なかったら諦めるということになります。

即購入可能でもコメントした方が無難です。

即購入後うんともすんともなく、数日後にキャンセル処理する羽目になる可能性があるからです。

時間の無駄です。

フリマアプリの強みは、「簡単に」使えることです。

なのになぜ購入希望者は以上のような手間・時間を費やさなければならないのでしょうか?

フリマアプリは早急に放置出品対策を施すべきです。

では実際具体的にどのようにして放置出品を撲滅させるかというお話です。

1:出品期間を設ける。
2:定期的にアクセスしないと出品が終了する。

この二つが効果的かと。

1について、出品期間を設けて手動による再出品を可能にする。

2について、1週間程度アプリに一度もアクセスしないと出品が終了する。

フリマアプリの信用は間違いなくいままさに降下中です。

この悪評を覆すには「規制」や「改善」が必要なのはいわずもがな。

You may also like...