【フリマアプリ】「ポケモンガオーレ」ディスク複製販売で逮捕【コピー】

状況は何も変わっていません。
何度同様の事件で逮捕されれば抑止力になるのでしょうか?
フリマアプリでのコピー商品販売は今現在も平気で行われています。
日本人であってもそうでなくても
ネットを介せばその民度は諸外国人と変わらないですね。
金のためなら平気で法を犯す。

「ポケモンガオーレ」というのは
店舗等に設置されているゲーム機で
そのゲーム機に手持ちの「ディスク」をかざすと
特定のキャラクターで遊ぶことができます。
そのディスクの認識には「QRコード」が用いられており
コピーすれば不特定多数のユーザーが同様に遊ぶことができます。
そのコピー商品をフリマアプリで販売して逮捕された今回の事件。

「間違いなく売れるので、簡単に金もうけをしたかった。
フリーマーケットで約100万円を売り上げた」
「複製ディスク1点を400円で販売」

実際にどのような商品なのかメルカリで検索してみました。

数多く出品されているのが分かりました。

おそらくですが、大半の購入者は
複製品であることを知っていたように思います。
だからこそ運営にクレーム等なく
大量の複製商品を販売できたのでしょう。
そうであれば、出品者が責められるべきは当然ですが
モラルの低い購入者にも全く責任がなかったとは言えません。
このような複製品の販売で、
本来得られるはずの企業収益が得られず
ユーザーを満足させるようなサービスの提供ができなくなる、
というのは容易に想像できます。
法を犯してまで目先の楽しみを優先し
自分の首を絞めるような行為が愚かであることに気付かない購入者。
このような購入者や出品者の排除を行わないフリマアプリ運営。
より一層の規制強化を行うか、サービスを終了させなければ
今後もイタチごっこで著作権侵害行為が行われることでしょう。
そんなフリマアプリを私は利用することはありません。
みなさんんも十分お気を付けください。

ポケモン画像無断複製疑い 著作権法違反、会社員逮捕
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190613-00000187-kyodonews-soci

You may also like...