【遺産相続】不動産の所有権を放棄する方法【固定資産税】

両親が亡くなったあと、
残された遺産の中で意外と厄介な「不動産」。

都心や住宅街などであれば
売買すればいい話ですが
廃れた片田舎などではその処分や活用が容易ではありません。
処分しなくても所有していればいいのでは?
という疑問を持つ人もいると思いますが
不動産は利用等してなくても所有しているだけで
「固定資産税」という税金を支払う義務が生じます。
共有の場合にはその持ち分に対して按分された税額の税金を支払うことになります。

このような「負の不動産」を手放すにはどうすればいいのか?

1:相続後に「相続放棄」を行う。
「相続人」になったことを知ってから3ヶ月以内に
相続人全員で家庭裁判所に「相続放棄」の手続きを行います。
「相続放棄」するとすべての遺産が国庫に帰属、つまり国のモノになります。
※国庫帰属となるためには別途「不動産移転登記」を行う必要もあります。

2:相続前に「生前贈与」を行う。
相続前(被相続人生前)に「負の不動産」以外の
遺産となるであろう動産不動産の財産に関して「生前贈与」を行います。
「相続放棄」はすべての遺産を手放さなければならない一方、
この「生前贈与」は欲しい遺産のみ生前に受け取ることが可能となります。
※「生前贈与」には高い贈与税がかかりますので注意しましょう。

3:相続後に「共有持ち分放棄」を行う。
複数の相続人が「負の不動産」を相続、共有することになり
その不動産のすべてに関しては「相続放棄」ができない場合、
この共有から離脱することができます。
その方法は、他の共有者全員に「共有持ち分放棄」の通知を行うだけです。

両親から相続した大事な遺産ですので
よく吟味してから手続等行いましょう。

You may also like...