【ヤフオク】『受け取り連絡』と『悪い評価』【改善要求】

ヤフオクがフリマアプリを真似て導入した「受け取り連絡」システム。
落札者が「受け取り連絡」を行わないと出品者に売り上げが入金されないという流れ。
ただ、「受け取り連絡」がなくとも発送通知を送ってから2週間が経過すれば
自動的に売り上げは入金されます。

導入されてからしばらく経ちますが
メリットよりもデメリットの方が大きいと感じています。

1.手間が増えた。
落札者側からすれば面倒この上ないでしょう。

2.ストレスが増えた。
出品者側すれば、とっくに商品が到着しているにもかかわらず
「受け取り連絡」がなければ落札者に対して
不信感を抱いてしまいます。
せっかくスムースに入金・発送が行われたのに
「受け取り連絡」がちょっとでも遅れただけで
気持ちの良い取引に水を差すことになります。

3.「悪い評価」が増えた。
受け取り連絡が遅れる→落札者に催促→それでも受け取り連絡なし→落札者に悪い評価。
落札者側からすれば、商品を受け取った時点でその取引は完結しています。
そのため、「受け取り連絡」はただの事務的で面倒な手続きとなります。
こんな作業、うっかり忘れても仕方ないと。
それでいつの間にか「悪い評価」を付けられたら?
その結果、評価価値担保低下に伴うヤフオク全体の取引環境悪化を招きます。

ごく一部のトラブルを回避するために導入されたこのシステム。
早急に改善すべきです。
提案として、「取引価格」で「受け取り連絡」の有無が決まるというシステムではいかがでしょう。
~円以上なら「受け取り連絡」必要、~円未満であれば「受け取り連絡」不要。
基準となる価格については、
ヤフオクが「トラブルが起きやすくなる価格」等のデータを分析すれば
簡単に算出できるでしょう。
たった数百円程度の商品のためにわざわざ「受け取り通知」を行う手間は排除すべき。
基本的に出品者はそんな少額商品のために詐欺行為等は行わないし
そもそも、高額でも少額でも落札者からの「評価」で制裁を受けるというリスクありきで
取引に臨んでおり、わざわざ少額商品で評価を落とすような問題行動を起こしません。

長くなりましたが、言いたいことは一つ。
落日感満載のフリマアプリの真似事をしても未来はありません。
ご検討のほど。

You may also like...