【モノキュン!】各フリマアプリ販売手数料まとめ(2018年2月)【オタマート】

2018年2月時点での
各フリマアプリ販売手数料をまとめます。

【メルカリ】
販売手数料:売上の10%。
最近はキャンペーンもなく
他のフリマアプリと比べると
割高のように感じます。
ある程度ユーザー数を獲得できたので
運営が様子見してる印象を受けます。

【モノキュン!】
販売手数料:無料(2018年4月30日まで)。
まだ販売手数料有料化に
慎重のようです。
一昔前のメルカリのように
お得なキャンペーンを次々と展開中につき
目が離せません。

【オタマート】
販売手数料:売上の10%。
キャンペーン等は減ってきた印象です。
販売手数料がメルカリと同じですので
それならばメルカリに、というユーザーが多そうです。
今のままではなかなか厳しい印象です。

【フリル】
販売手数料:無料。
ラクマと統合して「新ラクマ」として
名称変更するフリル。
販売手数料無料は維持するようですが
いずれは手数料を有料化することでしょう。
ただ、いままで「販売手数料無料」を大々的に掲げてきたわけで
今年来年は難しそう?再来年?
ただ、それまでもつかどうか。。

販売手数料については
各社その舵取りにはより一層のシビアさが求められています。
「無料」or「10%」か?
ただ、果たしてその二択に固執する必要があるのか疑問です。
販売手数料「10%」ではなく、
各社でパーセンテージを自由に決めた方が差別化しやすいように思います。
例えば5%。
法規制で10%と決められているわけでもないので
もっと自由に柔軟に対応してもよさそうに思うのですが。

他にもいくつかのフリマアプリがありますが
年内中に何らかの決断を迫られるフリマアプリが出てくるような気がします。
あくまで個人的な意見ですが。
「クル〇ル」ような事例もありますので。
もう返金作業は完了したのでしょうか?

You may also like...