【ヤフオク】3月からオークション出品も受取通知必須に【改悪】

これまで「フリマ出品やオークション出品の一部カテゴリで採用」されていた

代金受取に必要な「落札者の受取通知」が

オークション出品商品取引でも適用されます。

開始日は2018年3月から。

受取通知がないと代金が支払われません。

なぜ、ヤフプレ登録でクレカ本人確認を行い月額費用を支払っている出品者にまで

このような仕様を強いるのか?

目的は

「代金を支払ったのに商品が届かない、商品を送ったのに代金が支払われない、

といったトラブルを防ぎ、より安心安全に取引いただけます。」

と説明していますが、単なる落札者保護です。

かんたん取引が正式採用されてしばらくたちますが

受取通知しない落札者なんてザラにいます。

3月からこんな不誠実で身勝手な落札者達の受取通知を

最大14日間も待ち続けるのかと思うと今から憂鬱です。

追跡番号等のない発送方法の場合なんかホントに最悪です。

届いているのに受け取っていない、返金しろ!とクレームをつける輩が必ず出てきます。

郵便・宅配業者の料金高騰に伴い

追跡番号のない普通郵便を利用する機会が増える昨今

このような改悪で最悪の事態を招くことはおおよそ想像がつきます。

悪意のある落札者に対してヤフオク運営は出品者を保護してくれるのでしょうか?

いままでは取引は「自己責任」の体を保ってきたヤフオク運営、

このような仕様変更をするのであれば

一方的な落札者保護ではなく当事者双方を保護するというスタンスをとる必要があります。

ユーザーの売上金を一時的にせよ預かるわけですから

取引自体にも一定の責任を持たなければなりません。

そうでなければあまりにも無責任で出品者軽視です。

「落札者が受取連絡をしてくれない場合は、取引ナビから落札者へ連絡してください。」

いやいや、双方にとって手間だし、ストレスです。

催促して報復評価もありそうですしね。

評価の価値も落ちるでしょうね。

こんなことをユーザーに要求するなら

14日間を7日に短縮して自動入金させた方がベターでしょう。

ヤフオク運営の想像性の無さよ。

ガッカリです。

You may also like...