【メルカリ】 「破損確認」まつり【天国から地獄】

フリマアプリをまだ使ったことがない人は

「破損確認」と言われてもピンとこないと思います。

「破損確認」とは、

購入した商品が破損していた場合

出品者にその破損状態を画像で確認してもらうために

「確認」出品することです。

通常の出品ではないため

確認後、すぐに自主的に削除するのが慣例になっています。

以下、購入者の悲痛な叫びが聞こえてきそうな

確認出品の数々をご覧ください。

【ケース1】
WS000019

 

 

【ケース2】
WS000020

 

 

【ケース3】
WS000021

 

 

【ケース4】
WS000022

 

 

【ケース5】
WS000023

 

 

【ケース6】
WS000024

 

 

【ケース7】
WS000025

これがフリマアプリの現実です。

素人によるずさんな梱包や検品がもたらすトラブル。

メディアでは簡単にモノが売れるともてはやしていますが

それは過大評価です。

物が売れて、商品が購入者に届き、喜んでもらうことが

モノを売るということであり

モノが売れたことで完結するわけではないのです。

もし本気でトップセラーになりたいのであれば

いちから勉強することをお勧めします。

You may also like...